どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

勉強がしたくなった。

 

お金の教養 (だいわ文庫)

お金の教養 (だいわ文庫)

 

 

買って3日で読み終わった。

簡単な内容であったし、自分の興味のあるお金の話だったので一気に読めてしまった。

 

自由な時間があると何かを考えている時間が多くなる。

仕事や課題で忙しいときは冷静に考えることが少なくなってしまう。

動いている時にはもちろん、終わったあとも疲れて考えることはあまりない。

学生のときはバイト、サークル、授業、課題でいっぱいいっぱいだった。

あれよあれよと進路のことを考える時期になって、あまり考えずに失敗した。

 

今は考える時間がある。

充分すぎるくらいある。

でも、充分すぎると思っても、時間があればあるほど思考が続き、結局よく考えているからいいことなんだと思う。

あまり思考しすぎるとマイナスのことを考えてしまうので程ほどの方が良いときもあるが、やはり考える時間があるに越したことはない。

時間があって、思考がマイナスの方向にしか行かないときには、体を動かすと良い。

最近運動を始めた。

 

じっくりと自分はどういう人生を歩みたいのか考えた。

 

仕事ができなくなったら生活できないというのだけは嫌だなと思った。

お金を稼げなくなったら死んでしまうというのは嫌だなと思った。

お金を稼ぎたくないではなくて、稼ぎたいと思わないときに稼ぐ、休みたいのに働かなくてはいけない、というのは嫌だなと思った。

こんなことを思っても誰にも言わない。一人でそんなことを思ったら、どうすればそうできるか考えるだけ。

生きていく上では、理想や夢に近いもの、しかしとても強い光のようなものが必要だと思う。

それがあれば、迷ったときにもぶれずに前へ進めると思う。

学校をやめると言っても、先生、親、友達から止められる。

止められると中々辞める方向で行動できなくなる。

そもそも辞めたいとも思わなくなる。しかし学校には行きたくない。

そんな時には、理想、夢を見て行動するべきだと思う。

 

そして、最近の理想は自由に働くこと。仕事はしなくていいが、楽しいから仕事をしている自分が理想だ。

これは誰もが思っている理想だと思う。

そう簡単には実現できない。

しかし、実現できるように行動を起こせば、。

実現したいという動機であらゆることが行動できるようになると思う。

 

そんなことをずっと考えていると、どうしてもお金のことを考えている。

お金をどうするかだ。

働かなくてもいいくらいのお金と、一生できる趣味を見つけることができたなら、自分の理想は現実になる。

まずはお金の知識が必要だと思った。

自分はお金について何も知らない。

お金の教養という題名はまさに今の自分にぴったりの本だと思った。

実際とてもいい本だった。

この本で教養を得るということではなく、お金の教養を得るためにはどうすればよいかが書かれている、指針になるような本だった。

もっと勉強したい。

 

就職する年を伸ばしてもっと勉強しても良いのではないかと思う。

今は勉強がしたい。