どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

できることをやる

あるブログに教員志望者のつまらなさについて書かれているものがあった。

 

意識の高い学士ブログ : 教員志望者のつまらなさについて

 

教員志望者としてはとても興味の惹かれるタイトルであった。

実際に読んでみるとわかりやすい文章で、勉強にもなる記事だった。

自分の中で改めて教員について考えることができた。

改めて考えたことを今回は書いていきたい。

 

そのブログでは教員志望者を3つのパターンに分けて、それぞれのつまらなさについて書かれていた。

 

1.生徒の為

2.社会の為

3.自分の為

 

ブログの筆者は1と2の理由で教員を志しているものはつまらない、3の理由での志望者は面白いと感じるようだった。

自分は3の理由から教員を志した。

大学ではサークルとバイトに力を注ぎ、結局4年生の夏頃まで自分の進路について悩んでいた。

しかし卒業まで時間がなかったので、教員免許くらいしか資格がないので、半ば諦めて教員を目指すようになった。

教育実習も楽しく行うことができたし、教員という地位も悪くないと感じた。

 

ただ、この理由だけでは教員にはなれない。

自分は教えるのが得意だから教員になります、では採用してくれない。

採用側が欲しいのは生徒の為、社会の為に人材を育てようとする教員だ。

なので少なくとも生徒と社会についての知識と、どうしていきたいのかを考える必要がある。

そうしないと教員になれない。

自分の為に教員になりたい人は塾講師にでもなったらいい。

教科を教えることに特化すればお給料がもらえる。生活できる。

自分は自分のために教員という地位が欲しい。

そのためには生徒の為、社会の為に働く意識を持たなければならない。

 

自分は生徒につまらないと言われる。社会からも常識がないと揶揄される。

その状況を変えたい。

誰かをぎゃふんと言わせないと気が済まないタイプなのかもしれない。