読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

フリーターのすすめ

現在自分は大学の臨時職員として働いています。

時給制のアルバイトなので自由な時間がとてもある状況です。

臨時職員の主な仕事は、実験器具のメンテナンスや生徒の質問対応なのですが、空き時間がとても多く、1日の大半は教員採用試験(教採)の勉強に費やしています。

そんな生活が1週間経ち、思うことを書きたいと思うます。

 

自分の大学生活はとても忙しく教採の勉強は一切していませんでした。

3年生の終わりに自分の進路について考え始めて、大学院に進学し、研究をやりながら教採の勉強をしようと思っていました。

もともとあまり教員になる気はなく、友達がずっと教職課程をとっていたので流れで自分もとっていたというところがありました。

しかし一般企業に勤めたいという気持ちもなく、消去法で教員になることに決めました。

3年生の12月に院試の勉強を始め、4年の7月に受かりました。

その間に教育実習に行き、とても楽しく感じたため、消去法で決めた進路が、自分で行きたいと思えるようになりました。

そうなると大学院進学に疑問を持ち始め(教授の当たりが強く、2年間もここにいるのが耐えられない。教員になりたい。)4年の1月に進学を辞退しました。

大学院進学辞退の手続きが一通り落ち着いた2月、非常勤採用を目指して就職活動を行いましたが、高校からの採用は無く、今のアルバイトに落ち着いています。

 

今思うと自分が教員になりたいと思えた時期には世の学生たちは就職活動をしていました。

3年生の終わりにはある程度自分が進みたい進路というものが見えていて、就職活動をしているはずだと思います。

自分は3年生の終わりにそういう進路が見えなかったです。

だからこうして今フリーターになっているのだと思います。

 

僕が思うに、そもそも21歳までに自分の進路を決定しなければならないというのが間違っているんじゃないかなと思います。

自分が本当にやりたいことなんて21歳で見つかる訳ないと思います。

僕は、やりたいことを見つける努力が20歳前後でできれば問題ないと考えています。

今夢中になっていることが今後の人生夢中でいられるわけもありません。

だからやりたいことを探す勉強として就職活動があるのだと思っています。

なので大学を卒業しても決まった進路についていないことは決して悪いことではないと考えています。

卒業した後で、接客が好きなら接客のアルバイト、教えるのが好きだったら塾講師のアルバイト、インターネットで自分のやりたいことが企業でできると感じたのであればそこに就職できるように就職活動をするなど。

大学生より大学を卒業した後のほうが自分のために時間が使えると思います。

学生のうちは単位を取って、友達と遊んで、趣味に没頭して、いろいろやることが多いと思います。

焦ってやりたくもない種類の企業に勤めるのは、どうかと思います。

 

空き時間でツイッターを見て友人のつぶやきを見ていた1週間でした。