読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

大学院の辞め方

大学院進学を辞退してから早1ヵ月経とうとしている。今は非常に穏やかな毎日を送っている。就職先はまだ決まっていないが、大学での研究に比べたら全然ましだ。あの時はやりたくもない実験と罵倒される毎日。大学院を辞めたいと周囲の人に相談しても、どこか残念そうな顔で、頑張れよと言われる。中には真剣に辞めた方がいいよとアドバイスをくれる人はいたが、3人に1人くらいだった。半分以上はつらいけど頑張って卒業しなよ、たった2年じゃないか、我慢できるよ。そういうアドバイスだった。

 

そうなってくると辞めたいのに辞めれなくなる。いざ辞めてしまうと相談していた相手が残念に思うのではないか。頑張らないと失望されてしまうのではないか。と考えてしまい中々辞める踏ん切りがつかなくなる。そうして我慢している仮病で休むようになり、引きこもりがちになり、心身ともに良くない状態になる。外歩くのも嫌で、だるくて、憑りつかれた様にyoutubeを見る生活になる。

 

大学院の辞め方その1

教授の教えをまともに聞いて努力する。

教授は生徒のできていないことに対して、容赦のない言葉で指導して下さります。その言葉を真剣に聞いて努力しましょう。普通の人なら1ヵ月もあれば動けなくなります。

朝ミーティングがあると仮病を使って休みます。それに対して研究室のメンバーは何も触れてきません。自分の発表のミーティングに向けての資料作りに努力しても何の効果もありません。罵倒されます。普通の人はこのようなことを続けるとやる気がなくなります。それは高校生が定期試験前に言うやる気が出ない、ではなく、何をしても無駄だという無気力になることを示します。

努力して罵倒され、サボっても何も言われないと人は学習して無気力になります。昔のある拷問に、穴を掘らしてその穴を埋める作業をさせ続けるというものがあるそうです。人は無意味な行為をし続けると拒否反応を起こします。なので教授の罵倒に真剣に取り組み努力することで拒否反応が出てくるのを待ちましょう。そうすれば辞める決心がつきます。

 

補足。

もちろんこのような教授は特殊です。必ずしも教授の罵倒が無意味だとは限りません。むしろ適格なアドバイスをくれることが多いです。ただ大学院を卒業する人はみな教授の言うことは話半分に聞いています。7割の話はスルーします。相槌すら適当でかまいません。これだけは間違えないです。

 

大学院の辞め方その2

研究室の人間関係を希薄にしていって下さい。コツは、早く帰る。ミーティングの無い日は来ない。飲み会では話掛けられるまで話さない。話しても、そうですね、のみ。こうすればどんな人間関係も希薄になります。研究室の人と仲良くなってしまうのが一番厄介です。研究室のつらさを知っている上で頑張っている人たちはつらくて辞めようとしている人に対して、俺も同じだから一緒に頑張っていこう、と言います。これは非常に辞めづらくなる言葉です。なのでそうなった場合はその人の言うことを真剣に聞いて努力しましょう。そうして無気力になれば人間関係すらどうでもよくなる瞬間が訪れます。そうなってきたら人間関係を希薄にするチャンスです。

 

補足

つらい研究室にいる学生は皆さんとても良い人です。教授の罵倒を受けて、人には優しく接しようとする態度がものすごく見られます。しかも優秀な方々なので一生付き合いがあっても損はないです。むしろとても大事な人物になること間違いなしです。なので基本的には仲良くしましょう。辞めたくなった時には徐々に距離を置いていって下さい。

 

大学院の辞め方その3

過去の大学院生の苦労を綴ったブログを見る。「大学院 辞めたい」で検索したらいろんなブログがヒットします。そういうブログを見て自分がこのようにはなりたくないと思いましょう。中には大学教授のブログがあり、やる気のない学生について意見しているものもあります。それを見てそういう人と付き合っていきたいか考えてください。本当に多くのブログが参考になります。そして、大学院を辞めても案外生きていけるんだということもわかります。大学院を辞めた後の進路、辞めるまでに至った心境、すべて糧になると思います。そういった文章に触れて辞める勇気を持ちましょう。

 

最後に

自分に正直になれば大学院を続ける、辞める、に関わらず楽しく生きていけると思います。意地で続けるのも良い。できるだけ努力するのも良い。手を抜いても良い。諦めて辞めるも良い。一番ダメなのは誰かの期待に応えようとすることだけです。特に大学院生は学生です。誰かの期待に応える必要はありません。正直に頑張れるとこまで頑張る。無理なら辞める。人に気を使わない。それが一番大事なことだと思います。皆さん頑張りましょう。