読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

コミュニケーション能力

今日教員採用試験の面接練習を行った。今週の土曜日、初めて教員採用試験を受ける。私立の学校での常勤、非常勤講師の採用を目指している。

 

面接では志望動機や自己PRの他にも、教育について、授業について、生徒指導について、などどのように考えているかなどを聞かれる。今日の面接練習に備えて自分がどう考えているのか文章で考えてはいた。しかし、実際に面接練習をすると頭が回らなくなってしまった時間が多々あった。前もって考えてきた質問に対しては、具体的なことを聞かれると何も答えることができなくなってしまった。こうも喋れないと落ち込むという感情ではなくて、もどかしさ、不完全燃焼のような感覚になった。もっと考えて喋りたい。

 

普段から自分の意見を言うときは少し考えてから発言する。そのせいで言いたいことが言えなかったりすることが多々ある。面接の場で考えてから発言するなんて、普段から教育に関して考えていないのではと思われそうで、今日の練習では思いついた言葉をただ口にしたという印象だった。文章になっていない言葉を口にするような、自分でも何を言っているのかわからなくなってくる感じだった。実際面接の指導をして頂いたときには聞いていてつまらなかったと言われた。

 

誰でもそうだと思うけど、初めて会う人にあまり興味のない話題で話すことはあまりできないと思う。だから面接は練習するものだと思う。友達とyoutubeの話をするのとは訳が違う。だから面接の練習をするのだ。

 

こういう就職の練習は馬鹿馬鹿しいと感じる。こんなことができて何の意味があるんだと考えてしまう。なんでこう考えてしまうのだろう。相手に自分がどういう人間であるか知ってもらう履歴書や面接であるのに。こんなことしていても楽しくない、早く働きたいと思う気持ちが先行してしまってそんなことを考えるのだなと思う。でもこれは社会人になる人全員がやっている。こんなこともできないやつは何もできない。

 

自分も今まで生きてきて学校の勉強が著しくできない奴のことを、なんで勉強しようとしないんだ、馬鹿なのか、と考えることがある。それと一緒。自分が楽しければそれでいい、という考え方もあるかと思うが、やはり最低限のやるべきことをやった上でのことだと思う。自分は今最低限の作業をやっている。こんなことを考えていると自分は20代はある意味諦めている。社会の最低限をこなすのは本当に大変なことだ。余計なことをしている場合じゃない。やるべきことはちゃんとやる。そのうえで楽しむ。そうじゃなきゃ楽しめない。サッカーもルールをきちんと知らないと全力でプレーできない。ただただ走っていてもオフサイドで点が取れなかったりする。今はルールを覚えよう。いつか全力で試合ができると良いなと思う。