読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

就職活動

就職活動のシーズン。1つ下の後輩たちは学内セミナーに参加していたみたい。学内セミナーに行った人はもう勝ちだと思っても良いと思う。まだ就職活動を始める気のない人はまだ焦らなくてよい。就職活動をする前に自分のぼんやりと思うことを大切にすることから始めたほうが良い。

1年前の自分は教師になろうとなんとなく考えていた。インターンや説明会にはあまり行かなかった。それはあまり後悔していない。何を一番後悔しているかというと、教員志望だったのに途中で大学院進学に路線を変更したことだ。後輩にこれだけは伝えたい。院進学はやめておけ。少しでも就職のことを考えたのなら就職活動をするべきだ。

 

でも大体何をすれば良いか、何をやりたいのかはみんな自然と考えていると思う。それすら考えていない人は考えたほうが良い。考えている人是非その考えていることを紙に書いてほしい。そして身近の大人の人に自分の考えを言ってほしい。これだけで自分は何を考えているのかがわかる。大体やりたいことがない人はいない。自分が何をやりたいのかがわからない人は大勢いると思う。自分が何を考えているのかは案外自分じゃわからない部分がある。今日考えていることが明日同じことを考えているとは限らない。就活をする前に自分のやりたいことを書き出しておくことは大切だと思う。何かに迷った時はそれを一読する。過去の自分の意見として今の自分の意見を考えていく。過去の自分の考えと今の自分の考えを比較出来るとよい。

 

あと就活するときに思っておいて欲しいことがある。これは当たり前のことなんだけれども、企業はあなたにお金を払う価値があるのかどうかを書類や面接などで決める。就活のある程度の常識もできないやつは採用しない。みんなそうかわからないけど、自分はなんとなく就活に対して少し嫌悪感がある。自分を偽って企業に元気な顔で受け答えをする。すごく表面的で気持ちの悪さすら感じる。でもね、そんなの世の中求めてないんだよね。かっこ悪いからって理由で就活もろくにできないやつは社会に出れない。いつまで夢見ているんだって話だよね。自分偽ろうが嘘をつこうがカラ元気だろうがやらなきゃいけないんだ。人に毎月20万ものお金を払うってそんなに簡単なもんじゃない。やっぱりイケメンがいいし美女がいいし、元気がある方が良いし、学生時代楽しんでいたやつが良いし。だから精一杯自分着飾るんだよ。

 

ようやく当たり前のことに気付いた大学4年生でした。

既卒の就活はしたくないよぉ。

みなさん頑張りましょう。