読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

新卒採用

大学院進学辞退してから将来が決まらない。

社会人になるって大変なことなのね。

そりゃ毎日youtubeとゲームに時間を費やしている人間は使いたくないよね。

卑屈になっていく。

誰のせいでもない。自分のせい。

 

大学院進学を考えているときからもう甘かった。

高校受験より大学受験が難しくなるように、大学生から社会人になるのはより難しくなる。この進路選択を一番見誤った。

勉強する気がないのに大学院入試を受けてしまった。

勉強する気じゃない。訂正する。

勉強する気はあったけど研究する気はなかった。

しかも2年間の自分の生活を投げうってまで研究するなんて全く考えていなかった。

朝9時から夜9時までの実験を週6日。残りの時間で研究に必要な論文を読んで勉強する。

考えたこともなかった。

そんなことも考えないで大学院を志望したことを後悔している。

全ての研究室がこんな生活ではないと思う。

しかし自分の所属していた研究室はそういう生活を求められていた。

 

実験をしないのは論外。勉強不足は言い訳にならない。

「そんなこともしらないのか、研究する気ないだろ。」

「論文ばかり読んで実験しないって何しに来てるの?」

「なんでこんなことが理解できないの?辞めた方がいいんじゃない?」

問答無用

 

社会ってこういうことか。って少しだけ味わえた。

誰しも目的や目標があって生きている。仕事をしている。

会社は利益を出すことが最大の目的であって、研究室は自然科学の発展を目標にしている。

それに貢献できない人間はいらない。貢献できる人間になるために22歳まで学生をしていたはずだ。

だから多くの人は社会人として生活できる。

貢献できない人は貢献できるようになってから来てくれ。

 

 

研究室はとても閉塞的な環境と言われる。しかも異常なまでの閉塞的な環境。

貢献できない人間は言葉で言う。態度に示す。

 

研究するのは当たり前。研究のことを考えていて当たり前。それもできないで何もできないのが居ても困る。

 

ちゃんと将来のことは考えましょうね。ってお話。

今がいいチャンス。

もうお腹いっぱいになるまで考えさせていただきます。