どうすればいいかな

普段考えていることをまとめるために書きます。

自己紹介

大学院進学を決めた大学4年生。

 

物理学科に入学して教職課程を履修。

 

将来は学校の先生になる予定だった。

 

教職課程を履修した理由は将来教員になりたいからというわけではなく、物理学科という学科を卒業したらどうするのかと考えていたから。

 

詳しいことはわからないが、ほかの学科は卒業すると大学でならった知識を会社に勤めるようになってからも使える。

少なくとも自分はそういうイメージを持っている。

 

しかし物理学科、物の落ちる法則や点電荷の周りの電場を求められても社会でどう生かすのか。

自分は教師として教える以外は使えないと思った。

 

これが教職課程を履修した理由だ。

 

教師になりたいとかではなく、最低限の滑り止め、教員免許がほしいからというのが理由だった。

 

しかし教員はそのような志でなってはいけないもので、大学の講義では教授だけでなく外部の先生をお招きして、教員という仕事の厳しさ、大切さ、必要さについてお話しを聞いた。

 

そんな話を聞いているとだんだん教員になりたいと思うようになった。

 

 

 

大学3年になり進路について考え始めた。

 

教員、進学、就職

 

大きくこの3つの道があった。

 

どれも当時の自分には魅力的であった。

 

なかなか決められずにいたが、11月になって行動をしなくてはと思い、教員採用試験の勉強を始めた。

 

教採の勉強もしつつ企業研究などもして就職のことも考えていた。

 

院の進学については社会に出て自分で学びたいと思ったときに行けばいいか、と考えた。

 

親にこれ以上負担をかけるのも気が引ける。お金も貯めつつ進学についてよく考えればいいかと思った。

 

 

そんなある日、親父が酔っ払って帰ってきた。

 

なんでも会社のお偉いさんと飲んできたらしい。

 

そのお偉いさんの娘さんは国語科の教師だという。

 

大学院に進学して卒業し教師になった。

 

院を卒業後はあらゆる私立学校、公立学校から声がかかったという。

 

 

そんな話を聞いてきた親父は、金も払うし、若いうちに進学したほうがいいだろう、進学を考えているなら今したほうがいいだろう、と自分に話してくれた。

 

そしてその日から大学院入試の勉強を始め、合格し、大学院の進学が決まった。

 

研究は量子コンピュータ、量子シミュレーション

 

 

 

そんな今の自分には大きな悩みがある。

 

本当はその悩みが書きたくて書き始めたが、背景だけで文章が長くなってしまったので今回は自己紹介ということにしておきます。

 

初投稿でもあるのでちょうどいいかと思います。

 

 

では